水牛の角についての説明とお手入れ方法などを紹介します
中国雑貨 華蔵
  
  商品一覧
今月の新商品
2018年中国春節用品
水牛の角 かっさ板、ツボ押しなど
水牛角くし
藍染め(印花布)
扇子(檀香扇)
簪(かんざし)
雑貨いろいろ
手芸アクセ素材
手づくりアクセサリ
開運風水仏教
金物、鈴
骨董、コレクション、珍品
文房具、文房四宝(筆墨紙硯)
木彫り彫刻小物
木彫り台座
中国工芸品
民芸品民族雑貨
剪紙(切り絵)
中国画、書
陶磁器いろいろ
布靴カンフーシューズ
中国の本書籍と音楽CD
  
 
リンクページ
 
華蔵blogブログ
 
 
  0561-82-2522

  お問い合わせはこちら
 
 

水牛の角

水牛角商品水牛角のかっさ板、ツボ押しはコチラ

このページでは、水牛の角の性質や素材価値、お手入れ方法などを詳しく説明していきます。
(最終更新:2015年05月)

『水牛の角』という素材

水牛の角は漢方薬としても有名で、犀(サイ)の角に似た効能を持っています。
粉末にして煎じて飲むと、清熱(解熱)や解毒効果があります。
牛の角は、鹿のように毎年生え変わったりはしません。
(若い牛の角が折れた場合には再生する事もあるそうですが...)
一生延び続けるので、年齢と角の大きさはほぼ比例します。

 大きな角でも、先端部を除けば内部は空洞になっています。
櫛やかっさ板(マッサージ板)を作るときには、ほとんどの場合は角の側面を使います。
この時に、角を縦半分に割り、熱を加えてプレスする事で平らな角素材を作る事も多くあります。
(プレス後に、作りたいものの形状に合わせた形にカットしていきます)
当店で扱っている商品で言うならば、「かっさ板」は小さな物を除いてプレスされた角素材を使用しています。
反りが無く大きな角素材は1つの角から取れる量が少ないので、素材価値は高くなります。
逆に、プレスした角素材の端材は少々使いにくい(ゴツゴツしていたり、表面が滑らかでない場合が多いです)ので、素材価値は低くなります。

未研磨の角は色合いや手触り感が良くないので、製品を削りだす工程で表面を研磨して綺麗にします。
(廉価な商品やわざと風合いを出したりする場合は、あえて表面を残してある物もあります。そういった品を使うときは、服や肌に引っかからないように注意してくださいね)
高品質の角材を丁寧に研磨する事で、とても滑らかな、まるで水牛の角には見えないくらい(!)の艶やかさと光沢が生まれるのです。


『水牛の角』の分類

水牛と黄水牛とヤク
日本で「水牛の角」というと、皆さんはおそらく印鑑の素材を思い浮かべると思います。
ここで、水牛の角(あるいは、水牛の角と混ざって流通する事もある角)の分類を紹介します。
櫛やマッサージ用品の素材として、水牛以外にも中国で「黄水牛(黄牛)」と呼ばれる、中国固有種の水牛角も広く使われています。
また、僅かではありますが「ヤク」の角が使われる事もあります。
<水牛の角>
  角が真っ黒な、一般的な水牛。日本では本水牛、黒水牛などとも呼ばれます。
  日本では印鑑の素材(印材)などでもお馴染みですね。
  稀に半透明な部位や、角の成長時に出来る白い模様が混ざる場合がありますが、基本的には黒色です。
  当店で扱う水牛の角は、雲南省や四川省産など、中国南方の素材を使用しています。
  角素材としては価格・供給量ともに最も安定しています。素材の長さは20〜25cm程度まで、厚みは7ミリ程度までが一般的ですよ。 <黄牛(黄水牛)の角>
  黄牛は中国固有種で、中国全土で水牛と同じように(農作業メイン)飼育されています。
  黄水牛の角は、黒色・茶色・クリーム色・あめ色・白色など、固体や角の部位によって様々な色合いと模様があるのが特徴です。
  一頭の牛であれば、左右の角の模様が対称に近くなる事はありますが、本当に固体によってバラバラです。   (もちろん、色合いや模様は実際に角を加工してみないと分かりません。綺麗なあめ色や鼈甲色の素材は、より高値で取引される事もあります)
  黄水牛の角も、黒水牛と同様に雲南省や四川省産など、中国国内の素材を使用しています。
  真っ黒な水牛角に比べてサイズ的に小さめで、長さ15cm程度を超える素材は価値が高くなります。20cmを超えるものはほとんど見かけませんね。
  また、厚さの点でも、5ミリ程度までが一般的です。 <ヤクの角>
  チベット高原など、高原・寒冷地特有の品種で、ミルク・肉・農耕・運搬・毛皮など、幅広い用途で使われる牛の仲間です。
  様々な色合いが混じり合った角で黄水牛と似ているのですが、
  「より密度が高くなめらか」「黄色・白色部分の透明度が比較的高い」「丁寧に研磨した際の光沢がより綺麗」といった違いがあります。
  当店で扱うヤクの角は、西蔵(チベット)産の素材を使用しています。


『水牛の角』商品の価格の違い

水牛の角商品の価格を決定する主な要因は、「角の種類」「角素材の品質」「角素材のサイズ」「角素材の厚さ」「商品の品質」があります。

「角の種類」においては、価格は単純に 黒水牛 < 黄水牛 < ヤク となります。
  (同一の商品を黒水牛と黄水牛で作れば、黄水牛の方が高くなるわけですね)

「角素材の品質」においては、反りや歪み、キズの有無、厚さが均等か、などがあります。

「角素材のサイズ」「角素材の厚さ」においては、すぐ上の分類でも書いたように、サイズが大きい・厚みが厚いほど価格が高くなります。

「商品の品質」においては、加工・研磨・細工の精密度などによって価格が大きく変わります。
 具体的に言えば「櫛の歯の先端の加工」「かっさ板の側面の仕上げ研磨」などのレベルによって価格が変わります。


◆水牛角マメ知識◆

頭に優しい!水牛角櫛(くし)の効用(別ページに移動します)

マッサージの一種「かっさ」とは?(別ページに移動します)

水牛角製品の取り扱い

水牛角製品のお手入れ

アレンジできます! 角小物

水牛の角 良くある質問Q&A

水牛角 お買い上げ時の注意点

水牛角製品の取り扱い

・極端な高温下に置かない
  極端な高温の場所(暖房器具の近くや夏の車内など)に置くと、独特の匂いがする場合があります
  この匂いは、髪の毛が焦げた時のようなもので、本物の水牛角である事の証です。作成(研磨)してから時間が経つにつれて匂いは無くなっていきます。
  真夏の室内(35度程度)くらいの熱さならば、保存上特に問題ありません。

・水気はすぐにふき取って乾かす
  水牛の角製品は、水洗い可能ですが長時間の多湿を嫌います
  洗う時には流水でも水を張った洗面器でもOKです。水温も、常温〜ぬるま湯まで使えます。(熱湯消毒は避けてください)
  石鹸や洗剤を使って洗う事も可能ですが、良くすすいでくださいね。
  洗った後や、塗れた手や髪に使用した後は、タオルなどで水気を拭き、湿度の高くない場所にて保管してください。
  (お風呂で使って、そのまま風呂場に置いておくのは避けてください)
  多湿の場所に長時間置くと、反り・裂けの原因となります。
  消毒などの為に、アルコールを含ませた布などで拭いても大丈夫ですが、拭いた後に後述のお手入れをしていただく事をオススメします。

水牛角製品のお手入れ

 頻繁に洗ったり、長期間使わずに置いておいたり、他の物と一緒にカバンに入れたりしていると、表面のツヤが無くなってくることがあります。
 これは、「角の肌荒れサイン」です。人の手に例えると、冬に指先がカサカサになっているような状態です。こういう時には、油分を補給してあげてくださいね。
 具体的には「油やマッサージクリームなどを少し含ませた布で拭く」「ハンドクリームを塗った手でまんべんなく触る」などでOK。こうすると表面のツヤも戻ってきますよ。
 使うオイルやクリームは、普段自分で使用しているものでも、オリーブオイルなどでもOKです。  ただ、櫛の歯などの細い部分を扱う場合は、折ったりしないように気をつけてくださいね!
 ..ちなみに、一番簡単なお手入れ方法は「よく使う、よく手にとる」事です。使ったり手で触るうちに、人の皮脂が勝手にお手入れしてくれます。

自分でアレンジや修理もできます! 角小物

 水牛の角は、人の爪よりも少し硬いですが、ナイフで削ったり、研磨したりできます。
 (ただ、ある程度の根気がいりますけどね...)
 ・かっさ板の側面を研磨して、より滑らかに仕上げる
 ・ツボ押しを削って自分好みの形に作り変える
 ・マッサージ板の表面に絵を彫る
 ・歯が折れてしまった櫛を材料にして作品を創る
   などなど、いろいろチャレンジしてみてくださいね!
   100円ショップなどで売っている「穴を空けるための手動ドリル」「仕上げ研磨用のスポンジやすり」を使うのもいいですよ。    削ったり研磨した後は、オイルやクリームを塗ってお手入れしてあげるのをお忘れなく。

水牛の角 良くある質問Q&A

Q1.他店よりも安いみたいだけど、どうして?きちんとした本物なの?
A1.当店では全て本物の水牛角を使用していますのでご安心ください。
   (業者などを通さず、製造元と直接取引することで価格を抑えています)
   日本では印鑑素材の連想から、なんとなく高級なイメージがありますが、
   水牛角は「高級素材」というわけではありません。
   当店では製造元と直接交渉・取引して適正価格で仕入れを行い、
   適正価格で販売させていただいております。

Q2.櫛を落とすと、折れたり割れたりしますか?
A2.じゅうたんの上に落とした程度では何ともありません。
   固い床で、落としどころが悪いと歯が折れる(欠ける)可能性はあります。
   ただ、丈夫な素材なので、持ち手部分がポッキリ..なんて事はありません。
   プラスチック精の櫛と同じくらいの強度と考えて貰えばOKですよ。

Q3.櫛を使ううちに、折れたりしますか?
A3.普通に使っていれば、何年も使う事はできます。
   (高温多湿や極度に乾燥した場所で使うと、水牛角製品の寿命は短くなります)
   毎日使っていくことをオススメするので、「携帯用と自宅用」のように2つ
   持っていると安心です。

Q4.○○で角の櫛を貰った/買ったけど、本物でしょうか?
A4.簡単は判別法は「ハァ〜っと息をかけて匂いをかぐ」ことです。
   (ライターで軽く炙る方法もありますが、コゲが付きます)
   本物ならば、髪の毛が焦げたような匂いがします。
   (作られてから時間が経つごとに匂いは薄れていきます)
    また、ちょっとだけナイフなどで削り、火を付けることでも匂いで判別
   することもできますよ。

Q5.櫛を贈り物として使いたいけど、何か特別な意味などはありますか?
A5.昔の中国では、櫛は毎日使う→傍に居る→一緒に居る→プロポーズ!
   という意味もありましたが、現在ではそこまでの意味はありません。
   現在の意味合いとしては以下のような感じです。
   ・愛情(友情)を表現する
     仲の良い人(同性もOK)などに送るのに適しています
     逆に、義理・形式的な贈り物には不向きかもしれません。
   ・健康、楽しさを表現する
     悩みなどを櫛で「一掃する」感じです。年配の方などにもオススメ!

   ◆日本では、櫛は「苦死」に通じる発音なのでプレゼントは駄目、という
    考えも一部ではありますが、最近はこの考えも無くなりつつあります。
    気になる方は、結婚祝いや出生祝いなどを避けると良いかもしれません。
    あるいは、プレゼント時に「使いやすいから試してみて」など、贈った
    理由がわかるようなメッセージカードなどを添えれば相手も安心です。

Q6.いろいろなショップをチェックしています。どうして店によって値段がバラバラなのですか?
A6.当店でも他店の価格を随時チェックしています。
   (チェックはしますが、その結果で当店の値段を変動する事はしません)
   場所によっては当店の数倍の価格で販売している所も確認できました。
   ただ、最近(2013年08月)はかっさ板の販売店の増加などもあり、当店以外
   でも1000円を切るかっさ板を販売するお店も出てきました。
   仕入れ経路やサイズ・品質などで価格が変動することは事実です。
   当店の水牛角製品は、すべて製造元に私(店主)が出向き、1つ1つ検品
   して合格したもののみを仕入れ・販売しています。
   他店の詳細な入手経路は分かりませんが、2013年08月現在でも、当店が
   日本で一番お手頃価格で水牛角製品を提供していると自負しております。
<補足>
当店を含めた水牛角商品を扱うショップで「定価」「希望価格」という表記がある場合、大部分はそのお店の都合で勝手に付けた価格です。
何か組合で決定された統一価格などがあるわけではありません。
当店のように直輸入している場合はなおさらで、やろうと思えば「当店通常価格2000円→60%OFF特別価格800円!」などと記載する事も可能です。(もっとも、これは景品表示法違反になりますが..)
定価や通常価格などの表示に惑わされず、「その時点の販売価格」で商品の購入を検討する事をオススメします。


Qおまけ.水牛の角の価格って、どれくらいなんですか?
A ....企業秘密、という訳ではありませんので、特別に教えちゃいます!
   「数トン」というロットであれば、1キロ約360円程度が相場のようです
     (2013年中国相場、参考価格)
   もちろん、年々少しずつ値上がりしてきています。
    ※ 表面も未加工&大きさや質も未選別の場合、という条件付き

水牛の角の櫛・かっさ板 お買い上げ時の注意点



水牛の角は自然素材ですので、櫛やかっさ板はひとつずつサイズ、厚さ、色の出方などが異なります。
角の成長時に自然に出来る、キズのように見える模様(成長痕)が部分的に入る場合もあります。また、角の強度や密度も1つずつ異なる為、櫛などの寿命も一律ではありません。

 仕入れ時と発送時に、品質については出来る限りチェックはしておりますが、実際に使ってみないと分からない面もありますので、使用後の問題に関しては免責とさせていただきます。ご了承ください

 もちろん、商品到着時に万一問題があれば直ぐにご連絡ください。早急に対応させていただきます。

黄水牛の角を使った櫛やかっさ板は、稀にニオイの強いものがあります。
 特に、作られて間もない商品の場合、熱や摩擦を加えなくてもニオイがする場合があります。
 特有のニオイは、時間の経過と共に次第に無くなっていきます。
 万一、とてもニオイが強くて使えないような品がありましらご連絡ください。早急に対応させていただきます。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
このページに書かれている内容は、当店が水牛の角を5年間扱う中で分かった事、製造元とのやりとりで教えて貰った事などをわかりやすくまとめた物です。(文字ばかりで読みづらくスミマセン..)
 著作権は中国雑貨華蔵に帰属しており、無断で引用・転載する事は固くお断りします。

先頭に戻る
 

Copyright © 中国雑貨 華蔵 All Rights Reserved. 0561-82-2522(店長直通電話)
個人情報保護ポリシー  特定商取引に関する法律に基づく表示
実店舗の所在地 : 愛知県瀬戸市朝日町17  代表(情報保護管理担当者) : 北村 智幸
古物商許可:愛知県公安委員会 第542531502500号